• 次の時代のフィルムメーカーが集う3日間

     

    今の映像制作者は、バックグラウンドが様々です。

    CMや映画、TVなど、従来の映像業界とは別な流れが生まれ、

    新しい映像ジャンルが出来上がっています。

     

    2017年は、映像制作者にとって変革の年です。

     

    これから更に大きな波になるであろうフィルムメーカーの流れ。

    しかし、未踏の領域のため業界の流れとしての強さや、

    キャリアステップなどは、誰にも分からない状況にあります。

     

    だからこそ、全国の選りすぐりのフィルムメーカーを一同に集め、

    今の時代に必要なものは何なのか、共有の場を作ります。

     

    場所は、長野県の小布施町。

    世界的なレンズメーカーCOSINAの拠点もあり、

    葛飾北斎も制作拠点の一つにした街です。

     

    全国からの選りすぐりの、フィルムメーカーが集います。

    次の時代のフィルムメーカーについて追求し、

    全国の制作者と交流する日です。

     

    大きなムーブメントの一歩目となることを信じて。

     

    Vook 代表 岡本俊太郎

  • INFORMATION

    SCHEDULE  2017年1月27(金)~29日(日)

    PLACE    長野県 小布施町

          JR東京駅より電車で約2時間半

          (アクセスはこちらから)

    COST      34,900円

    ※上記金額は宿泊費・イベント参加費込みです。

    ※食事代は各自にご負担頂きます

    ※原則、参加者同士での相部屋となります(男女別)

    ※参加費は銀行振込みをお願いしています。

     

     ※本イベントは、招待制・審査制の限定イベントです。

    申し込みいただきましたらご案内メールを送らせていただきます。

    ※運営:映像クリエイターのためのプラットフォームVook、小布施町

  • Contents

    1. 新しいフィルムメーカーのあり方とは?

    今後の映像業界の未来やフィルムメーカーの未来を話していきます。

     

    ・ウェブ時代のフィルムメーカーのあり方とは

    ・TVやウェブの垣根を越えた活躍領域とは?

    ・ポートフォリオを作ってブランディングする

    ・”コンテンツ”を作り出せるフィルムメーカーになるために

    2. 仕事をこなして行くための制作体制とは何か

    制作体制にフォーカスを置き、それぞれどのようにやっているのかを共有

     

    ・ワンマンでこなすための制作フローとは

    ・海外撮影をどうこなしているか

    ・ビデオグラファーがベンチマークすべき制作体制と技術(カラコレや、RED・Blackmagicなどフィルムカメラの話など)

    ・クライアントとの付き合い方

     

    3. 細かいけど大切な技術面共有

    技術メーカーやフィルムメーカーにより細かい技術面を共有

     

    ・音の扱い方(インタビューの音やmix、音楽など)

    ・ドローン、三脚のメンテナンス

    ・ドローンを室内で飛ばすやり方

    ・意外と知らない法律関係(ドローン系や撮影許可系)

    ・次のステップに行くためのデータ管理方法

     

    4. 機材試着会

    今回パートナーに入っていただいてるコシナをはじめとして、様々なメーカーの商品を触れる機会を作ります。

     

    [現在決まってる試着会]

    ・レンズ(Milvisシリーズ・コシナ)

    ・三脚、一脚等(Libec)

    ・FS5,FS7(ソニービジネスソリューション)

  • SCHEDULE

    映像制作の今を考え抜く3日間です。

    キャプションを入力

    この項目を紹介する、短い文章。

  • SPEAKER

    大石 健弘

    Takehiro Oishi

    1983年 浜松市出身。

    横浜国立大学卒業後、葵プロモーション(現 AOI Pro.)にPMとして入社。

    退社後、フリーのディレクター&エディターとして活動開始。現在ではドキュメンタリー系の広告映像を主に制作している。個人活動としてサプライズ映像も制作しており、YouTubeのHappilmチャンネルにて多数公開中。

     

    〈主な監督作〉

    不二家ミルキー TVCM みんなの笑顔篇

    バンホーテンココア WEBCM 理想の母親 (ADSTARS 2016 FILM部門クリスタル)

    麻里子の教室(寿ビデオ大賞)

     

    HP:Happlim 

    鈴木 佑介

    Yusuke Suzuki

    1979年逗子市生まれ、逗子在住。日本大学芸術学部映画学科 演技コースを卒業。在学中に撮られる方(俳優)から撮る方へ興味がシフトし、映像制作の世界へ。テレビCM制作の撮影スタジオ勤務を経て、2004年からフリーランスの映像作家として活躍中。近年では企業・写真館への動画セミナーを始め4K動画の普及に力を入れている。

    [Web]

    http://www.yusukesuzuki-weddingfilm.com/

    [Portfolio]

    http://vook.vc/Y's%20kitchen

    次石 悠一

    Yuichi Tsugiishi

    島根県生まれ。広島にてビデオグラファーとしてキャリアをスタート。

    2016年現在、12年目を迎える。

    3年前にCMやPVを手がけるクリエイターチーム『Tomato Red Motion』を立ち上げ、国内はもとより、韓国、バリ、ハワイなど国内外で活動。

     

    HP:Tomato Red Motion

    タカザワ カズヒト

    Kazuhito Takazawa

    映画的表現を取り入れた映像制作を行なう。企画からディレクション、撮影・グレーディング、編集までのワークフローをワンストップで行ない、ストーリー性のある心に残る作品をコンセプトに制作。 東京写真学園プロカメラマンコース研修科卒業。出版社のインハウスフォトグラファーを経て独立。広告、CDジャケット、ファッション、建築、エディトリアルなどのスチール写真と並行して、デジタルフィルムカメラを使用した映像制作を行なう。 初監督したドキュメンタリーショートフィルム「おだやか家 ODAYAKA-YA」がHollywood International Independent Documentary AwardsやLos Angeles Independent Film Festival Awardsなど海外の映画祭で複数のアワードを受賞。 ハリウッドとロサンゼルスのレッドカーペットに正式招待された。 DesignAwards.Asia審査員なども務める。

     

    HP:タカザワカズヒト写真映像事務所

    曽根 隼人

    Hayato Sone

    映像ディレクター / プロデューサー / シネマトグラファー「テクネ 映像の教室」プロデューサー / UTB映像アカデミー講師 / 株式会社4thFILM 代表取締役 1986年生まれ。大阪芸術大学映像学科卒。

    ▼主なディレクター作品

    WebCM「SONY アクションカムHDR-AS100」

    TV-CM「カゴメトマトジュース ~マンチェスター・ユナイテッド選手”飲む”」篇 香川真司選手出演

     

    ▼主なカメラマン作品

    Perfume in VOGUE JAPAN for TIFFANY ATLAS

    ▼主なプロデュース作品

    MV「水曜日のカンパネラ/小野妹子」

     

    HP:4th film

    松本 敦

    Atsushi Matsumoto

    1976年千葉県出身
    映像とは無縁のサラリーマンとして勤務していたが、趣味が高じて始めた動画制作にのめり込み2014年にフリーランスとして独立。2016年にWEBプロモーションも含めた事業として「Groovoost株式会社」を設立。現在は観光プロモーション映像から企業プロモーション、スポーツイベントまで幅広く展開中。
    GoProオフィシャルファミリーメンバーとしても活動中。雑誌「ビデオSALON」WEBサイト「プロニュース」などの記事も執筆。

    HP会社:Grootoost株式会社
    HP個人:Movie For Life 

    村上 勇太

    Yuta Murakami

    田舎暮らしがしたくて2015年に映像プロダクションを辞め独立。
    今は広島県のド田舎に古民家を購入し、畑をしながらフリーのエディターとして活動中。
    自称「プラグインオタク」で、特にAfterEffectsのプラグインを研究している。
    Facebook上で購入したプラグインの情報発信をしており、今後はその研究結果を個人メディアにまとめていくらしい。

    最近ハマっているプラグインは『Element 3D』『Plexus』『Newton』の3つ。

    Facebook:https://www.facebook.com/yuta.murakami.31542
    個人HP:http://movietech-labo.com/

    渡邊 哲

    Satoshi Watanabe

    映像ディレクター/フォトグラファー


    1991年宮城県生まれ。
    立命館大学産業社会学部卒業後、DRAWING AND MANUALに参加。
    MV/webCM/インスタレーションのクリエイションに数多く関わっている。
    受賞歴:ヴェネツィアビエンナーレ特別賞

    HP:http://www.satoshiwatanabe.org/

    鎌田 啓生

    Hiroki Kamada

    2009年ー渡米。2011年ーサンタモニカの短大を卒業した直後に映像製作会社プロデジウム ピクチャズ LLCを設立。2015年ーUSC映画学部にを卒業。日本での映像クリエイターの新しいネットワークプラットフォームである事業「Vook(Vook note, Vook port)」のプロダクトリーダーとして参画、自身も執筆活動を行っている。日本全国の映像作家と精力的にコミュニケーションを図りながら、日本全体としての映像クオリティの向上と、映像技術の知識のオープンソース化を目指している。現在はロサンゼルスと日本を活動の基盤に、製作活動を続けている。​
     

    HP:http://vook.vc/hirokikamada

  • NEWS

  • MAIN PARTNER

    株式会社コシナ

  • PARTNER

    ビデオSALON

    ソニービジネス

    ソリューション

    株式会社

    平和精機工業

    株式会社

    株式会社セキド

    株式会社クエスト

    コーポレーション

    PRONEWS

    G-Technology

    Blackmagic Design

    TASCAM

    ティアック株式会社

    Atomos

    EIZO株式会社

    株式会社ケンコー

    プロフェショナル

    イメージング

  • 国内最大級のフィルムメーカーイベントであるネクストフィルムメーカーサミットは、国内からトップクリエイターをお招きします。

     

    会場や様々なメディアにて、国内外映像制作関連企業との連携強化や、映像制作者の方へリーチできる機会を提供できる協賛プログラムをご用意しております。

     

    協賛プログラムのお申込み・お問い合わせは、ビデオグラファーサミットのスポンサー担当にて受け付けていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

     

    info@vooook.com

  • TICKET

    申し込み制

    参加申し込みフォームに記載の上、申し込み頂きましたらご案内メールを送らせて頂きます。

    お申込み頂いた方のポートフォリオをもとに、合否選考をさせて頂きます。

    1 お申込み ~12/31

    ※フォーム画面より作品をお送り下さい

    2 合否連絡 ~1/5

    ※1月上旬にメールをさせて頂きます

    3 お振込 ~1/15

    ※参加費を指定口座にお振込頂きます

    4 当日  1/27

    ※当日、小布施町役場へ集合をお願いいたします

  • ORGANISER

    小布施町

    Obuse

    北斎が晩年いた小布施はクリエイターを惹きつける町です。

    そんな小布施町は、クリエイター向けの製作環境を作り、

    次の時代を担う、様々な映像クリエイターが

    集う街にしていきたいと考えています。

    Vook

    Vook

    映像クリエイターのためのプラットフォーム

    制作ノート共有サービスVook note、ポートフォリオ共有サービスVook portを運営しております。

    岸田 浩和

    Kazuhiro Kishida

    1975年京都市生まれ。会社員、ライターを経て2011年より映像記者。独学ではじめた短編ドキュメンタリー制作により、京都国際インディース映画祭グランプリほか、北米・欧州・アジアなど5カ国8カ所の映画祭で入賞・入選。近作の「SAKURADA Zen Chef」は、ニューヨークのフード映画祭で短編賞と観客賞をW受賞した。2015年7月に株式会社ドキュメンタリー4を設立。「ドキュメンタリー」を、キーワードにWebメディア向けの映像ルポや、企業や商品のコマーシャル映像制作を行っている。
    広告映像にも、ドキュメンタリー手法の取材を応用し、撮影対象の持つストーリーをエモーショナルに描く。
    企画や撮影から編集まで手がける次世代の映像制作者”ビデオグラファー”を集めた定期イベント「Videographer’s Night」を主催。大阪国際メディア図書館、関西学院大学では、Webメディアと映像の関係性や、あたらしい映像制作のスタイルについて講師を務める。

    http://vook.vc/kishidahirokazu

    伊納 達也

    Tatsuya Ino

    1988年愛知県春日井市生まれ。
    関西学院大学在学時より、社会問題の映像化・サイエンス領域の視覚化をテーマとして、映像作家としての活動をスタート。卒業後、東映CM株式会社に入社。2012年からはビデオグラファーとしてノンフィクション・コマーシャル映像の制作を始める。プロジェクトに寄り添った形の「映像を使ったコミュニケーションの構築」を専門に活動中。

    http://vook.vc/tatsuyaino

  • Q&A

    申し込みについて

    Q:振込フローについて教えてください。

    A:サイトの申し込みフォームより申し込み頂いた後に、合格通知を送る方には、お振込頂く口座を記載したメールをお送り致します。お振込み完了を運営側で確認後、振込完了メールを配信します。

    こちらのメールを受け取り、申し込み完了となります。振込後の確認のため、お申し込み時と振込時のお名前を統一していただきますよう、ご協力、宜しくお願い致します

    Q:申し込み期限はいつまでですか?

     

    A:お申込みの締め切りは、1月15日です。

    お申し込みは、振込後の確認完了メールの受け取り後、完了となります。

    サイトの申し込みフォーム送信のみですと、お申し込みは未完了となりますので、ご注意下さい。

    Q:定員はありますか?

     

    A:定員は50名です。

    選考通過者が、定員に達し次第、受付終了になりますので、どうぞお早めにお申込み下さいませ。

    Qセミナーのみの日帰り参加は可能ですか?

    A:原則、3日間通してご参加できる方を優先的に招待させて頂きます。​

  • 料金の支払いについて

    Q:領収書の発行は可能ですか?

     

    A:可能です。

    領収書が必要な方は、お申込みフォーム記入の際に、【領収書希望】項目にチェックを付けて下さい。

    当日、受付の際に、捺印済みの領収書をお渡し致します。

    Q:キャンセル料は発生しますか?

     

    A:キャンセルされた場合のご料金につきましては、下記のように規定しております。

    12月30日(金)~1月11日(水)の19時まで 参加費の50%

    1月12日(木)19時以降 参加費の100%

    キャンセルの場合には、下記のVookのアドレスまでご連絡下さいませ。

    info@vooook.com

  • その他

    Q:一人参加はいますか?

    A:お一人での参加も大歓迎です。

    毎月一度開催しているビデオグラファーズナイトでは、会が終わる頃には、年齢や職業関係なく、ビデオグラファーという絆で結ばれ、会場に一体感が生まれます。どうぞ、お気軽にご参加下さい。

    Q:どんな人が参加してますか?

    A:フリーのビデオグラファーや制作会社など広告に携わっている方々はもちろんのこと、広告やコンテンツづくりに興味のある他業種の方や、学生も参加しております。

    Q:運営はどこがやっていますか?

    A:映像クリエイターのためのプラットフォームサービス「Vook」が、企画・運営をしております。

    至らない点が多々ありますが、ご理解、ご協力の程、何卒、宜しくお願い致します。

     

  • ご宿泊について

    Q:1人部屋は可能ですか?

     

    A:原則、参加者で共同部屋の利用になります。

      男女別の部屋となり、複数人や10名ほどの大部屋に分かれます。

    Q:バスタオルや歯ブラシ等アメニティはありますか?

     

    A:宿泊地には、どのお部屋にも共通アメニティとして、下記グッズのご用意がございます。

    ドライヤー、石鹸、ボディーソープ、シャンプー、リンス、歯磨きセット、カミソリ、綿棒、タオル、バスタオル

     

    寝間着はございませんので、各自ご準備頂くようお願い申し上げます。

All Posts
×